2014年4月1日火曜日

【カルテを目撃した】2014年3月30日

ベテランMRや元・プロパーと話している際、昔話として良く出てくるのは、「あの頃は、先生にカルテを見せてもらいながら、色々と勉強させてもらいました」という内容です。

その現場を自ら確認したわけではありませんが、管理人が医師になる以前から、MRが本物のカルテを目撃&読む機会は少なくなかったそうです。
本物の治療例をMRが医師から具体的に説明されているわけですから、自社品の使用状況を含めて、おおいに勉強になったのでしょうが、現在の基準で考えたら完全にアウト。

担当患者を特定できるカルテをMRに閲覧させた医師も、知り得た内容を口外した場合のMRも、刑法の秘密漏示罪に問われかねない
何より、自らの治療経過について知らないところで勝手に漏洩されていたら、証拠を押さえられない患者さんは抗議をすることさえできません。

とはいえ、電子カルテやオーダリングシステムが普及しつつある現在でも、紙ベースで運用されている院内書類があり、医局や外来ブースで偶然、MRに見えてしまったりするのです。

病院によっては医局内へのMR入室を禁止している事例がありますが、これはPC画面や紙書類がMRに目撃されることで、患者さんの個人情報が外部へ漏洩することを防止するのが主目的でしょう。
院外へ持ち出してはいけないUSBメモリやハードディスクを、医師が誤って紛失すれば、全国規模での新聞記事やテレビニュースになる時代です。

患者さんに関わる個人情報は、可能な限り厳密に保護され、その漏洩をひたすらに防ぐべきと言えます。

MRは医療機関をいつも訪問するため、患者個人が特定できる重要情報に常々、近い場所で活動しています。

外来の待合近くでは番号ではなく名字で呼んでいる様子を見るかもしれず、医師との面談で入った診察室や事務スペース、薬局内で患者さんの名前が見えてしまうこともあります。
毎週訪問しても、まったく患者名を聞いていない&目撃もしていないというMRは、ごく少数だと思われます。
なかには、医師がうっかり、実際の氏名を喋ってしまったという場合もあるでしょう。

知り得た患者の個人情報については、どういう内容であれ守秘していくのがMRにとっての訪問マナーであり、信用の源だと言えます
医師から見ても、個人名を挙げて患者さんの治療状況を話したがるようなMRは、何らかの漏洩から情報を得ている?と怪しむに違いない。

訪問した部外者がカルテを目撃してしまうような医療機関は、その守秘に関して、甘い対応しかできていないと言えるでしょう。
紙カルテはコピー機で複写できるものですし、電子カルテであってもPC画面のスクリーンショットを完全に防げない場合があります
理屈上は証拠を残さず、第三者が抜き取ることが不可能ではない。
患者さんの知らないところで、どういう形であっても個人のプライバシーを侵す漏洩が起こるのであれば、安心して入院や受診ができないことになってしまう。

もしもMRとして、目撃してしまった場合は、すべてをその場で忘れ去る態度をとるしかありません。

どんなに面白そうだと思っても、社内で決して話題に出してはいけないのです。
ネットに書き込むなどは、論外どころか犯罪行為になってしまう。

以前、医師専用サイトの掲示板において、実在患者のカルテ内容が掲載されて、道義的にも大変な問題になった事例があります。
医療産業に関わる人々は、その信頼を失わないためにも、悪意の有
無に関係なく、カルテからの漏洩の可能性を少なくするしかありません。

最近、実在患者の治療に役立つディテーリングを実現するために、医師からかなり詳しい状況聴取をする場合があるようです。

これは断片的な内容であればともかく、あまり追究しすぎると探偵のごとく、当該患者を特定できる可能性を高めてしまいます。
開業医では患者さんたちは繰り返し受診しますし、地方によっては年代性別と居住地域だけで、おおよその絞り込みができてしまう。
「腰痛で受診している、**町の酒屋さん」程度の内容でも、個人が分かってしまう。

会計前で、MRがご本人を特定できてしまったり、治療中の姿に出くわしてしまうなど、MR活動の趣旨からは逸脱した結果を導いてしまうわけです。

「先生方のニーズを知りたい、現場に役立つMR活動がしたい」という熱心さは良いのですが、患者さんの個人情報については、あくまでも一歩ひいた姿勢が必要です。

見てしまっても忘れる、口外もメモも絶対にしない。

カルテには患者さんの闘病記録や、後戻りできない厳しい予後見通しが書かれていることもあります。
新年度にあたっては、そうした人生の数々に近い場所に入り込んで、MRは活動しているのだと今一度、意識してみましょう。

0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。