2015年8月6日木曜日

【予約制MR?  15-07-21】

最近、管理人が気になっているWebサービスがあります。


当FacebookページでもMR活動の効率化をテーマに取り上げていますが、いわば「予約制MR」とも言える同サービスは、今後進むべき方向性のひとつではあります。
すでに某外資系製薬企業では「Web予約→医師がテレビ電話で担当者と面談する」サービスが続いていますし、アメリカでは意外と人気のある手法だとも聞きます。
管理人的にはもっと進めて、
① 院内の内線電話で直接、MRと通話できる(検査外注会社が常駐しているのと同じ)
② エリアや院内に、MRが病院PHS持参で巡回している(すぐに徒歩で駆けつけられる)
③ 門前薬局ならぬ、門前営業所を作る(営業所の超ミニ版)
④ 予約MRの混雑状況をネットで公開する(人気MRが一目で分かる)
という発想が生まれてきます。
このうち③の門前営業所は、本当に小さなバージョンであれば数坪レベルでも良いので、MRが屋内で内勤できて便利です。
大病院前でも1社だけで運営コストを維持できなければ、シェアオフィスのように複数の製薬企業でコプロのように使えば良いと思うのです。
門前薬局の統廃合が進むにつれて門前営業所が進出すると、それまでの業界常識は大きく変わりますね。
「B to Bでもまだ工夫ができる」というこのアイデアについては、あらためて投稿します。
また④の場合、人気MRランキングが更新されるようになり、製薬会社(CSOを含めて)が抱えるMRの質を多数の医師が評価できるようになります。
MRという職業の世間認知度が低迷している理由は「順位付けをせずにスターMRを育てないからだ」と思う管理人は、このシステムでテレビ出演するくらいの人気MRが生まれることを期待しています。
医師がひな壇で健康・医療情報を話すのと同じように、MR(経験者も)がテレビ番組で活躍しても良いのではないでしょうか?

MRを指名制にするという管理人のアイデアと同様、Webサービスは既存の営業手法を一気に破壊するインパクトを持っています。
エムキューブ株式会社がどのような展開を進めていくのか、何かと注目だと思います。

0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。