2017年11月5日日曜日

【講演  17-03-10】

管理人はミニレクチャーも担当予定です。
昨今の製薬業界における営業組織再編は、国主導の地域包括ケア時代を睨んだものながら、実際は知見の蓄積が乏しく、結局は旧来の"医師頼み"になりやすい様子です。
関心を多方面に広げて、足でリサーチしていないツケでしょう。
・長期収載品の薬価下落
・AGを含めたGE市場の伸長
・新薬数の減少と、治療分野のニッチ化(高薬価ではありますが)
・MR活動の単純化と機会減少
けれども、MR資格を存分に活かせる領域はあるはず・・・。
医薬品情報の欠落は、医療安全の根幹を揺るがします。
紙媒体やWebでは不十分なために、MRは日々仕事をしているわけで、その社会的価値を忘れず、やはり質の向上に努めるべきです。
お酒とカラオケと翌朝に強いMR、すでに過去の話ですので・・・。

http://3rdpath.org/310(金)iroriワークショップ第27回「製薬会社は地域包/

0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。